資産運用

金融庁によると18年6月末時点での口座開設数は約68万となっており、増加傾向となっている。政府の意図したとおり、「貯蓄から運用」へのシフトがおこりつつあるが、そのペースは遅い。将来の年金に不安を持つ20代の伸び率が高く、制度の目的にそった形となっている。ただ、20歳代の口座数は、10万強と人口を考慮するとまだ多いとは言えない。

預金では、金利が低く資産は多く増えない。ある程度リスクを取らないと資産は増えない。安心した将来を迎えるには一定の資産が欲しい。ただ、運用と言う言葉に乗せられ、安易に投資すると痛い目にあう。主要銀行9行、地域銀行20行の統計データで、投資信託口座のプラス割合は55%となっている。45%は、マイナスとなっているのだ。自分は、大丈夫だと思っていても、安易に投資をしていると後者になってしまう。

プロが運用しても収益を上げ続けることは難しい。特にアクティブ運用投信で長年、プラスを維持しているところは少ない、長期投資で、ドルコスト法などで投資すれば大丈夫といって都合の良い期間のデータを見せて、販売をする業者も少なくない。

安定して資産を増やすには努力も必要だ。寝ていて増えるような金融商品はほとんどない。運用の結果は、自分の将来に跳ね返ってくる。安心できる将来を迎えるために情報収集をしっかりしよう。

資産運用

ロボアドバイザーが低迷

ロボアドバイザーの利用者が増えていない。ロボットアドバイザーは、コンピューターのプログラミングが、年齢、資産額、投資経験、運用方針などを答えると、その人に最適な投資商品を選び出すので、簡単に投資ができる。しかし、利用者は低迷している。「資産から運用」の「政府の呼びかけがまだ足りないのか?。」「将来に対する不安は漠然としてまだ危機感がないのか?」「どのように資産運用したらよいのか?」など多様な理由が考えられよう。供給側は、お金のデザイン、ウェルスナビなど30社近くが、このロボアドバイザーの市場に参入しており、不足しているとは言えない。

文化の差

アメリカでは、ロボアドバイザーを利用した30兆円におよんでいる。人口や、経済規模などを考慮すると1/3とは言わないまでも1/10くらいまで伸びてもおかしくない。ただ、日経平均とダウの値動きを見てもわかるようにダイナミックが乏しい日本の投資市場では投資は伸びないのであろうか?。ものもと日本は倹約、質素を美徳とする文化があるため、こうした意識が底流に流れ、不労所得と言われる資産運用からの儲けを良しとせず、興味を示さないのか?。

ただ、よく言われるようにアメリカで起こったことが10年後に日本に起こると言われる。確かに、その可能性は高いが、グローバルしたこの世界で10年後にこうしたシステムを使っても、もう遅いだろう。取り組むなら、「今でしょ(古すぎた?)」。

人生100年の時代に将来を見据えた資産形成をしておかないといけない。今までは、国が何とかしてくれていた。ところが自己責任の時代に入っている。給与が増えない!、年金が増えない!などと言っても今後は自分で責任を取らなくてはいけなくなってくる。

年金, 資産運用

 iDeCo(イデコ)の初期投資商品が預金から投資信託に iDeCo(イデコ)での運用商品 ...

資産運用

 運用会社が証券会社を買収。 野村アセットマネジメントがエイト証券を傘下にする。同社の営業 ...

資産運用

共同出資で証券会社 LINEと野村ホールディングスが、共同出資で証券会社を設立する。消費者 ...

資産運用

ロボアドバイザーの利用者が増加。 資産運用の手段として、ロボアドバイザーの利用者が増えてい ...

資産運用

年金受給開始年齢が70歳超にできる制度の検討が始まりましたが、繰下げは得なのでしょうか?。 ...