マイナポイント事業

マイナポイントの登録が7月1日より開始された。早速、登録した人もいるが、ちょっと考えよう。キャッシュレス決済業者によって、500円~2,000円(もしくはポイント)が上乗せされ、5,000円プラス500~2,000が還元されることになる。7月1日現在、108事業者があるが、どこを選ぶかによって実質的な実入りが変わってくる。
ただ、どの業者も仕組みを複雑にしており、ダウンロード、登録、本人確認のほかチャージの%を還元するなど分かりにくいものにしている。

予算は2,478億円

予算が設定されており、早いもの勝ちになっている。でも、慌てることはない。なにせ、マイナンバーカードの所有者が2,033万人(4月1日時点)しかいない。しかも、想定ID数は4,000万だから、遅くなってもポイント還元は受けられるだろう。

どこにする、登録キャッシュレス業者?

上乗せだけをみると2,000円(もしくはポイント)業者がよさそうだが、複雑な還元システムになっているので、使いやすい、またはいつもつかっている決済システムにするのが良い。以前のニュースでは、都会は交通系、地方は流通系のカードが使いやすいとの記事があった。普及数や使える店舗などを考慮すると上記などで決めるといいかも・・・・。

 

アプリの利用

COCOAアプリの利用を開始しました。新型コロナウイルスは、軽度の症状で終わる人もい  ますが志村けんさんのように亡くなる方もいます。後遺症が残ったり、感染したことにより四肢の切断に至った事例もあるようです。

一人ひとりが気を付けなればなりません。可能な対策は実施しましょう。・・・と、いうこで国が提供を始めたアプリをダウンロードしました。世界の最先端企業であるマイクロソフトとグーグルが係わったソフトですから信頼して利用しましょう。プライバシーは配慮され、位置情報などは取得されていませんので、身を守るために利用しましょう。