政府が、届け出や、許可などをスムースに進めるために電子化を積極的に進めている。ただ、その基盤となるマイナカードの普及率は2021年5月時点で3割にとどまる。
デジタルトランンスフォーメンションが課題でなるなかで、いち早く進めた人・地区・地方公共団体がメリットを享受できのだが、普及率は漸増である。利用が進んでいないのは、「ワクチン接種が進まない」などの批判をしている人や、「個人情報が洩れる」「政府に情報が管理」されるなどと主張する人に見られる傾向だ。

これだけ情報化が進んだ世の中で、そのスピードに見合ったサービスを受けたいなら、そのインフラに合うように対応しなければ、政策を批判する資格はない。もし、マイナカードが普及していたら、ワクチン接種もスムーズに進み、余分なコストを公共部門が負担することもなかった。
この費用は、税金で納めなくてはならなくなる。利用を促進して、コストの抑えられた社会にしよう。

登録が進まない原因の一つに「どうして良いかわからない」と言う人がいる。そうした人は、是非、当事務所に相談して欲しい。家計を含めた適切な提案をするので・・・・。 因みに、当アドバイザーは、マイナカードの制度が始まったときに利用を開始しており、すでに一回の更新をした。

 

日経新聞によると追跡技術のDF(デバイスフィンガープリント)を利用していた。

味の素、エーアンドビー、オリエントコーポレーション、キリンホールディングス

第一生命保険、東京海上日動火災保険、パーク24、パナソニック、JTB、

オリエンタルランド、ぐるなび、ニトリHD、ファーストリテイリング、三越伊勢丹HD

ユナイテッドアローズ、ヨドバシカメラ、楽天、リクルートライフスタイルなど

隠匿性の高い追跡技術を利用したいた。儲けるためなら、何をしてもよいとはならない。
消費者にきちんと説明できるシステムや、制度でなければ使うべきでない。法的にゆるされ
れているからと言って一流の会社がやることではない。

楽天モバイルが、第四のキャリアとして携帯市場に参入し低価格を武器で営業展開している。独自の ...

マイナポイント事業 マイナポイントの登録が7月1日より開始された。早速、登録した人もいるが ...

アプリの利用 COCOAアプリの利用を開始しました。新型コロナウイルスは、軽度の症状で終わ ...