年金

 現在、年金は繰り上げ受給すると毎月0.5%減らされ、繰り下げすると0.7%増となります。現在は70歳まで繰り延べできるため、繰り延べると65歳の時とくらべて、42%増となります。繰り延べした年金額が、65歳から受給を始めたときよりメリットがでてくる年齢は82歳直前で、それまでに亡くなってしまうと65歳から受給してきたほうが有利となります。自分がなくなってしまう年齢は予測できません。これまで自分が生きてきて起こったこと、家族の亡くなった原因、病気履歴を考えながら、決めるしかありません。不測の事態はおきるため、思い通りにはいかないものです。

 ただ、年金制度は複雑で加給年金などがあり、よく調べないと損をしてしまいます。年齢の離れている夫妻だと妻(仮に夫が先に年金を受給するケース)が65歳まで加給年金が繰り下げされると受給できなくなります。だから、単純に繰り下げれば有利とはなりません。また、税金・社会保険料などの負担があるため繰り下げれば実質的に42%増となるとは限りません。人、それぞれです。損をしないためにも、よく調べた上で制度を利用しましょう。

年金

法人事業者や従業員5人以上の個人事業主は加入をする義務がある。

パートなどでも①従業員501人以上の企業に勤める②労働時間が週20時間以上③月額賃金8.8 万円(年収約106万円以上)以上などの人は加入にできる

年金

利用者が着実に増加 厚生労働省によると2018年2月末で企業型確定拠出年金の加入者は648 ...

年金, 資産運用

 iDeCo(イデコ)の初期投資商品が預金から投資信託に iDeCo(イデコ)での運用商品 ...

年金

確定拠出年金の導入 確定拠出年金は、少子高齢化により若者が減少し年金を支える層の負担軽減化 ...

年金

人生100年時代の年金 医療技術の発達や、食糧事情の向上で人生100年時代に入っている。昔 ...

年金

公的年金を見直し開始 公的年金の見直しが始まった。少子高齢化社会には必要な見直しであるが、 ...

年金

富士通がリスク分担型の企業年金を導入 年金は、全国民が対象となる国民年金、サラリーマンなど ...