保険

保険契約はどのように?

保険は、「どんな時に」、「いくらの保険金に」、「どのように」契約するとよいのでしょうか? 以前は、職場に訪問してくる外交員さんの提案でなんとなく契約していた人が多かったのですが、外資系保険会社の参入や保険ショップの台頭でコンサルティングセールスと言われる方法で契約するケースも増えてきました。しかしながら、売り手側にたった販売手法には変化はありません。

 最も自分に合致した保険契約は、自分で商品を調べ、これからのライフプランにあったものを選択することです。ただ、保険は、種類も多く、特約などで複雑な金融商品となっており、ベストな商品を見つけるのは難しいものとなっています。

 当事務所は、保険会社の勤務経験があるファイナンシャルプランナーが、どこの代理店に属することもなく、中立・公正な立場で、ライフプランにあった保障を算出し無駄な保険料を支払うことない、皆さまのご家庭にあった保険を提案します。

保険の種類

終身保険

亡くなるまで保障が続き、解約返戻金があるものの、積み立て部分があるた保険料が高くなる傾向にある。長期に契約を続ければ、解約返戻金も増えるものの、途中で解約するとこの返戻金が大きく減ります。統計によると途中解約の比率は低くないようです。クリックすると新しいウィンドウで開きます

定期保険

保険料は比較抑えられているが、更新時に料金が上昇する。掛け捨てになりますが、大きな保障をリーズナブルな保険料で大きな保障を得ることができます。子育て世代にマッチした商品と言えます。

養老保険

貯蓄性が高く、保険料が戻ってくるものの、高額の保障には不向き。以前は、金利が高かったため銀行などを借入れをして契約するケースもあったが、現在の低金利時代にメリットはほとんどない。

医療保険

公的保険を考慮すると必要な世帯は限定されてきます。外国には、保険制度が整っておらず盲腸の手術でも高額になることもありますが、日本は皆保険で制度が整っているため、高額療養費制度が適用され費用は抑えられます。支払う額と、保険金として受け取る額を検討しましょう。「医療 無料イラ...」の画像検索結果

ガン保険

貯蓄額、がんの罹患率などを考慮して契約しましょう。